Days. ガジェットやカメラ、ヤフオク!、経験談など(たまにねこ)

【販売員】時代、本当にあった実話体験→応援ブログ(前編)

2018/12/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
新潟県でも豪雪地帯・コシヒカリで有名な「南魚沼市」在住。 妻・子供2人+ねこ1人 趣味はガジェット・アップル製品集め・ランニング・登山・ねこ   !ちょっと待ってください。日本人ですよ笑 至らない点もありますが、どうぞ宜しくお願いします!

どーも!カツさんです。

ココ最近、

ブログを始めてからたくさんの記事や人気ブロガーさんの投稿などなど、

パソコンとにらめっこが多くなりました。

目にとっても負担がかかってます。

 

でも、とっても

『楽しいです』

 

でもたまには息抜き投稿?として、

昔、販売員時代にあった本当の実話をお話します。

重苦しいスタートになっちゃいますがすみません。。。笑

売らないと激怒される毎日

 

こんなやりとり】の会話が毎日続きます。

元上司

「上村、ちょっと」

「なんで今、売れなかったの?!」

カツさん

「……(なんでったってわからない)」

元上司

「やる気あるの?聞いてんのか?」

カツさん

「はい」

元上司

「次、必ず売って下さい。」

 

…毎日言われ続けました。

いきなりなんのこと?と思ったかもしれません。

以下に続きます。

上京時代

私カツさんは、

20歳から22歳は東京の池袋で働いていました。

住んでいたのは、埼玉県上尾市。

大宮から2駅?だったかな。

池袋まで毎日約1時間高崎線 〜埼京線をを乗り継いでいました。

(確かこの乗換だったと思います)

 

この仕事に20歳田舎モノは憧れていました。

しかもこの東京という大都会。

その都会で販売員という仕事に就くことができました。

販売員とはお客様に販売する事。

そのまんまです。

 

なんの販売員をしていたかというと、

洋服屋の販売員です。

ファッションビル◯井さんのテナントで働いていました。

 

 

◯井さんということは、ブランドショップだったのですが、

誰もが聞いたことのある有名ブランドです。

今の20代の方はちょっとわからないかも。
(なんのブランドだったかは内緒ね)

はじめに配属されたのは埼玉県志木市。

でも1週間ぐらいで池袋へ転勤となりました。

「池袋なんて行った事ないしなにより怖いじゃん…(汗)」

田舎ものにはとても辛い転勤でした。

都会の転勤→店の上司の方々

池袋の◯井。

あの有名な【西口公園】をすぎ約5分ほど。

初出勤は今でも忘れられません。

緊張で脇汗ダラダラ。

ここで当時の上司の紹介をします。

まずは店長さんから。

・当時の私の店長は8つ年上の神奈川に住んでる方でした。

名前はYさん。

背の高い、強そうな人。ひげが今でもオシャレだったなー。

「今なにしてるんだろうな。。。」

その方は田舎から来た私をとても可愛がってくれました。

 

・副店長は長野県出身の方。Aさんです。

とってもイケメンでお客様からも信頼されていました。

店長よりも販売力はあり、顧客様も多かったです。

冷静な、でも中にはあったかい言葉を伝得てくれる方でした。

 

・もう一人、キーマンである方がいます。

私の1つ上の先輩。Sさん。

確か当時【ブラザー】と言われる師弟関係みたいなモノがあったんですよ。

教育係みたいなモノですね。この方にも大変お世話になりました。

「かみ!かみ!(かみむらなので)」ってよく呼んでくれました。

今思うと、KAT-TUNの亀梨さんに似ていたのですがとてもナルシスト(笑)

池袋の地獄がはじまる

販売員の仕事ってどんなイメージですか??

接客、レジ打ち、品出し、丈上げ

こんな感じですかね??

ここに出てきました

『接客』

これ、販売員の永遠のテーマなんです。

一番むずかしい仕事です。人対人ですからね。

お客様も十人十色。

相性やら性格やら色んな事が混ざりに混ざってきますよね笑

 

「私達の仕事は売上を上げる事です。

そのために私は皆さんにどんどん言わせていもらいますので、宜しくお願いします。」

これを言ってきた方は、店長の上の方。

いわゆる本社のトレーナーという方でした。

噂だと元族の◯長だったそうです。めちゃくちゃ体育会系。
(当時、アパレル店員には多かったです。学歴関係ない世界だったので)

そしてはじめに登場した、【やりとり】が続く毎日が始まりました。

何度もやめようと思いました。

毎日、帰り電車の途中で泣きました。

先輩もその上の上司には絶対服従なので何も言えません。

接客は思っていたイメージと全く違い、

お客様に声をかけるのがだんだん怖くなってきました。

 

怖くなる

接客にいけなくなる

自信がなくなる

売れない

怒られる

この負のスパイラルが何ヶ月いや、1年近くも続きました。

【やめようかな】

頭によぎります。。。

休みといってもどこにも行きたくない。

今思うと病んでいたと思います。

だが、少しづつですが転機が近づいて来ていました。

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -
新潟県でも豪雪地帯・コシヒカリで有名な「南魚沼市」在住。 妻・子供2人+ねこ1人 趣味はガジェット・アップル製品集め・ランニング・登山・ねこ   !ちょっと待ってください。日本人ですよ笑 至らない点もありますが、どうぞ宜しくお願いします!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カツさんのブログ , 2018 All Rights Reserved.